軽自動車の燃料は軽油は間違い!【軽自動車のくせに】

軽自動車の燃料は軽油は間違い!【軽自動車のくせに】

 

軽自動車の燃料は軽油は間違い!【軽自動車のくせに】

 

 

軽自動車に軽油を間違えていれる人がたまにいるらしいです。

 

間違えたなら、まだ良いですが
軽自動車は軽油で走るものだと思って
軽油を入れてしまう人も中にはいるんだとか。

 

 

 

いえいえ、軽自動車という名前ですが
軽油ではなく「レギュラーガソリン」です。

 

軽油の軽と軽自動車の軽は全くの別物なので
間違えないでくださいね。

 

 

PR

 

さて、「軽自動車のくせにハイオクを入れるのか?」と
昔によく言われたのですが、昔に乗っていたのは
AZワゴンというターボ車でブースト1.0仕様にして
ブローオフバルブやむき出しエアクリーナーなど色々といじってました。

 

 

 

もちろん、足回りやブレーキなども
強化していたわけですが、こうしたチューニングカーは
軽自動車であっても「ハイオク」を入れなければエンジンが壊れる危険があります。

 

では、レギュラーガソリンとハイオクガソリンとの違いを
解説していこうと思います。

 

 

 

軽自動車でもハイオクを入れないといけない理由

 

 

レギュラーガソリンは「オクタン価」がハイオクよりも低く
普通のエンジンに使用しても支障がないように各メーカーが
作り上げたエンジンに使用できる燃料を言います。

 

オクタン価が高ければノッキングが起こりにくいです。

 

軽自動車の燃料は軽油は間違い!【軽自動車のくせに】

 

ノッキングというのは
金属製の打撃音などの振動が生じる現象をノッキングといいます。

 

このようなノッキングがエンジン内部で起こると
エンジンにとって悪影響をおよぼすことになります。

 

 

 

軽自動車でもハイオクを入れるのには理由があります。

 

 

軽自動車でもターボ車の加給圧を上げた場合は
燃料の増加をしないとエンジンの加熱を招いて
ピストンの吹け抜けやバルブの損傷を招くことになります。

 

 

 

また、点火プラグの電極が解けたり
最悪の場合は電極が脱落して
燃焼室内を傷つけることもあります。

 

なので、軽自動車のターボをチューニングした場合は
ハイオクを入れないとエンジンが故障する原因になるというわけです。

 

 

軽自動車の燃料は軽油は間違い!【軽自動車のくせに】

 

 

しかし、高級車の場合もハイオク仕様が多いですが
この場合は、また話が違ってくるでしょうね。

 

 

一般的に、ハイオク仕様車の高級車にレギュラーガソリンを入れても
問題はないですが、性能が落ちてしまうので
アクセルを踏み込む量がふえてしまうんですよね。

 

 

ハイオク仕様車にの高級車にレギュラーガソリンを入れると
性能は落ちるだけですが、これじゃ、
ハイオク仕様車を買った意味はないですよね。

 

PR

 

 

 

 

関連ページ

車のマフラーを見てエンジンの健康状態を確認する方法
他人の車や自分の車のマフラーを見て「あれ?」ってそう思ったことってないですか?僕が過去に乗っていた車でマフラーから大量に水が出ていた車がありました。
社外品エアクリーナーは最近の車では意味が無い?!
エアクリーナーだけ交換してもパワーアップは望めません。でも、トータルで考えた場合は最近の車でも期待できてしまいます。
国産車でLEDが普及しない大きな理由とは?
国産車を見ているとLEDはあまり普及していないように思えます。交換のメリットはあまり無いといえますが電力の消費率は少なからず影響をもたらしているようです。ですが、どうして国産車にLEDは普及しないのか僕なりに見解をまとめてみました。
イリジウムプラグで自動車の性能アップ?!【噂の真意】
イリジウムプラグで自動車の性能がアップすると昔の僕は、そのように考えていました。
ドライブシャフトブーツの破れを放置するのは危険!?
中古車だとNAでもドライブシャフトブーツは年数が10年以上経過している車なら破れている可能性があります。ターボ車なら新古車でないならドライブシャフトブーツは確認して置く必要があるでしょう。

トップページ 目次 ガソリン代の節約するには 自動車のトラブル カー用品の取り付け方 自動車を快適にする方法