ドライブレコーダーの中でおすすめがDRY-V2の理由

ドライブレコーダーで最もおすすめがDRY-V2の理由

ドライブレコーダーで最もおすすめがDRY-V2の理由

 

ドライブレコーダーで最もおすすめがDRY-V2の理由

 

 

ドライブレコーダーは、万が一事故を起こしたときの
参考資料となるので取り付けはしておいたほうが良いでしょうね。

 

なぜなら、事故を起こしたときに他の車を巻き込んだ場合は
どんなに相手が悪い場合でも自分は正しいと主張してくることもあるからです。

 

 

 

 

たとえば、走行中に前方の信号が赤になったから停止したら
後続車にぶつけられたという場合ってありますよね。

 

後方確認をしつつ停止をした場合で
後続車が接近しすぎていることも良くあるんです。

 

 

 

 

そうした場合は、安全な車間距離をあけていない
後続車が悪いはずですが「お前が急ブレーキをかけたからだ」と
いかにも、自分が正しいと言い始める場合もあるんですよね。

 

そういう場合に、ドライブレコーダーというものが大変役立ちます。

 

 

ドライブレコーダーは前方と後方に取り付けるのがベストな理由

 

ドライブレコーダーで最もおすすめがDRY-V2の理由

 

 

ドライブレコーダーは前方と候補に取り付けるとかなり良いと考えられます。

 

なぜなら、後続車に煽られたり明らかに相手が悪い場合には
かなり強力な証拠となるからです。

 

 

 

 

その中で、最もおすすめできるドライブレコーダーは
「DRY-V2」というユピテルの製品になります。

 

なぜ、この製品がおすすめなのかといえば
ブラケット一帯でスマートに取り付けが可能で
レンズ部分が可動式なので映像の調整も簡単だからです。

 

 

 

 

しかも、目線に入りにくいデザインなので
後方を移すために設置しても特に目障りにはなりにくいでしょう。

 

 

 

 

前方と後方に取り付けることで万が一の事故にも対応

 

ドライブレコーダーで最もおすすめがDRY-V2の理由

 

 

ドライブレコーダー「DRY-V2」を前方と後方に取り付けることで
後続車が不用意に煽ってきて追突されたとしても
後方に取り付けていれば証拠が残されているため相手は何も言えなくなります。

 

しかも、「お前が急ブレーキをかけたから」なんて相手方の言い訳は
全く通用しなくなるのは間違いないでしょう。

 

 

 

 

前方に取り付けていることでも
色々とメリットは大きいですよね。

 

たとえば、わき道から強引に入ってこられて
事故を起こしたという場合もドライブレコーダーを取り付けていると
それが証拠として残ります。

 

 

 

 

なので、ドライブレコーダーはお金がかかりますが
前方と後方に取り付けるのが良いという理由になります。

 

 

 

 

ドライブレコーダーは万が一の事故のための証拠品

 

ドライブレコーダーで最もおすすめがDRY-V2の理由

 

 

ドライブレコーダーは万が一事故を起こしたときなどや
後続車に煽られたときの証拠品として残しておくことができます。

 

もし、ドライブレコーダーを設置していない場合は
どんなに自分が悪くなくても相手の言い分が通ってしまう可能性もあります。

 

 

 

だからこそ、ドライブレコーダーは必要不可欠だといえるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

 

ドライブレコーダーは値段の安いモデルもありますが
最低でも1万円以上は出して国内生産されたモデルが良いと感じます。

 

なぜなら、これまで5千円のドライブレコーダーや
1万円ほどのドライブレコーダーを買って
かなり後悔をしてきたからです。

 

 

 

 

たとえば、しっかりと録画していると思っていたら
録画されていない時間帯があったり
全く録画されていなかったりすることもありました。

 

激安ドライブレコーダーの場合は
真夏などはエラー表示されてリセットボタンを押しまくってました。

 

 

 

そういうことから、1万円以上は出したほうが良いと僕は思うわけです。

 

 


 

 

 

 

 

 

関連ページ

車の超便利なカップホルダー3つの購入ポイント
最近の車のカップホルダーって本当に便利になっていますがカップホルダーっていつも使うものだから結構、便利に使えるものを買うようにしています。
レーダー探知機で反応しない5つの速度取り締まりとは?
車のレーダー探知機が欲しくて2時間位ネットで色々と探していました。3万円以内でなにか良いのがないかなぁって検索しまくった挙句・・・「ユピテル」と「コムテック」というレーダー探知機のメーカーが大変良さそうだと僕個人は思ったわけで製品自体も気に入ったのを一ずつ選び抜いたわけです。
自動車にエアロパーツを取りつける理由
自動車に取り付ける「エアロパーツ」とは自動車の空気抵抗を減らす目的や気流などによる車体の浮き上がりを抑えるという目的で取り付けられることが多かった部品です。
ドライブ レコーダーの取り付け位置【フロントガラスにつけるには?】
ドライブレコーダーはフロントガラス一番上から上下20%の範囲内で取り付けないといけません。これは、第39条道路運送車両の保安基準で定められています。また、ドライブレコーダーはどこでも好きな場所に取り付けるのではなくしっかりと決められた場所に取り付けるのが良いですね。

トップページ 目次 ガソリン代の節約するには 自動車のトラブル カー用品の取り付け方 自動車を快適にする方法