mrm吃音改善プログラム(中村しょう)の口コミ・効果ってどうなの?

MRM 吃音改善プログラム

このページでは、mrm吃音改善プログラム(中村しょう)の内容解説や特徴、口コミなどを詳しく解説しています。

 

また、返金方法や販売会社情報についてもまとめていますので参考にしてください。

【M.R.M】吃音(どもり)・完全改善プログラムについて

人前でスピーチをすることはおろか、電話や友人と話すときですら言葉に詰まってしまうとされる吃音。

 

学校で、職場で…たくさん辛い思いをされてきた方々の苦しみは、非吃音者には想像もできないほどである、とこのプロフラムの考案者の吃音改善請負人 中村しょう氏は打ち明けていらっしゃいます。

 

今回ご紹介する「【M.R.M】吃音(どもり)・完全改善プログラム」の考案者 中村しょう氏は自らも吃音の苦い体験を積み重ね、学校や職場でのつらい体験を生々しく語っていらっしゃいます。

 

中村しょう氏は脱サラし、中小企業コンサルタントの仕事に就くにあたってある脳開発セミナーのメンターに出会ったことで、自身の何十年に渡るツライ吃音体験を基に、コンサルタントの業務で培ったカウンセリングのスキルで吃音で苦しむ方々に手を差し延べる活動を始めたのがプログラム開発のきっかけになったのだそう。

 

よくある吃音矯正ではダメな理由

吃音矯正というと巷でよく聞く方法が、マウスピースなどの矯正器具で口の動きをトレーニングさせたり、腹式呼吸の訓練で発語気管のトレーニングをしたり。

 

ご自身も何度かチャレンジはしてみたものの、残念ながら改善は見込めなかったのだとか。
それどころか、このようなやり方では以前よりも症状をひどくしてしまうことになるのだそう。

 

さらに、強迫性障害やうつ病に使われる抗精神薬で脳の興奮を抑えるという療法もあるらしいのですが、薬には依存性や副作用もあり、市販で購入しようとすれば結構な金額がかかってしまいます。

 

他にも、催眠療法などでチラホラ改善する方もあるらしいのですが、やはり通い続けなければならず、煩わしさや金銭的なことも心配です。

 

そもそも、非吃音者による療法は本当の意味で吃音者のドロドロした苦しみに寄り添ったものとは言い難く、改善など難しいと中村氏は見ています。
自らの体験の壮絶さを知っている人ならではのコメントではないでしょうか。

 

M.R.M吃音改善プログラムによる吃音改善のスタンス

では、中村しょう氏の吃音改善プログラムは他の矯正法と何が違うのでしょうか。
一言でいうと、自分で潜在意識をコントロールできるようになることで、吃音のことなどどうでもよくなる、という気持ちの切り替えにあるのだということです。

 

中村しょう氏は、そもそも吃音はたいてい幼少期のあるストレスがきっかけでその気持ちのはけ口が言葉の詰まりに出てしまい、自分には吃音があるのだと自分で自分に無意識に刷り込んでしまうというカテゴリーを解明。

 

この無意識の刷り込みを、別な人生の目標に前向きに取り組むマインドにチェンジすることで、吃音のことなど(多少はあっても)もっと大切な目標に集中できる、自信を持った自分に生まれ変わる、というプログラムなのです。

 

mrm吃音改善プログラム実際に体験した方の口コミ

M.R.Mプログラムを実際に体験した方、また体験途中の方はどのような評価をされているのでしょう。

 

息子の結婚式で、自己紹介や挨拶の時にどもりませんでした。
もちろん、とても緊張し、不安もありました。式の前日、私は心の整理をしました。

 

今日までよくやってきた、ここで躓いたら永遠に負けだと心に決めたのです。

 

人生でこれほど真剣に取り組んだことはなかったと思う。本気でやればできるんだということが証明された瞬間でした。

 

このプログラムに参加して、本当によかったと思います。吃音は完全に消えたわけではありませんが、1ヶ月前の自分とは確実に違います。これからもずっとこのプログラムを続けていきたいと思っています。

 

私は今、2回目のレベル3エクササイズに取り組んでいます。

 

正直、まだ上達の域には達していませんが、毎日が楽しいです。

 

自分が変わったと思うところは、失敗や問題があっても、「いい経験ができた」と常に前向きに考えるところです。良い経験ができた、今後に活かせる」と常に前向きに自然に考えられるようになったことに驚いています。

 

以前はすぐに落ち込んでいたのが嘘のようです。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

1月下旬からmrm吃音改善プログラムを始め、今3回目のエクササイズをしているのですが、今日の仕事中に今までにない感覚に襲われたんです。

 

今日仕事をしている時、今までにない感覚を覚えました。以前は人と話すときに不安があったのですが、今日はあまり不安がありませんでした。

 

話そうとすると、一瞬チラつくけど、あまり気にならなかった。今までは、話しているときに必ず不安があったのですが、今日はなぜか気になりませんでした。たくさんしゃべっていても無関心でいられるようになってきた。

 

まだ改善できていませんが、中村さんの言う改善の意味が分かってきました。

 

ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

 

プログラムを始めて6週間目ですが、会社で電話を取りスムーズな受け答えが出来るように。まだ時々波はあるもののだからどうということもなく、自分を落ち着かせるコントロールが出来るようになりました。

 

息子の結婚式のスピーチが無事終了。もちろん緊張したがマインドセットしコントロールできたのでやればできる、という自信につながっています。1か月前の自分がウソのよう。

 

プログラムをすすめていくうちに吃音への意識が薄れ自分に対して客観視できるように。もっと大切なことに意識が向いています。

 

mrm吃音改善プログラムのまとめ

中村しょう氏は自分が改善したノウハウをとにかく少しでも多くの方に試してみてもらいたい、という想いで吃音で苦しむ方の不安にこたえるよう、3か月間プログラムをやってみて効果を感じなければ手数料含め全額返金のお約束をされています。

 

それだけこのプログラムには絶対の自信を持っていらっしゃるのです。

 

フルパッケージで税込み29,700円、これを高いとみるか安いとみるかは皆さんの取り組みへの意欲次第ということです。

 

脳のちょっとした仕組みを利用したプレゼンの前などに使える吃音軽減のテクニックのマニュアル「吃薬」など豪華4つの特典付きです。

 

お悩みの方はこの機会に是非チャレンジしてみることをおススメします。

 

\効果がない場合は全額返金保証あり!/

 

mrm吃音改善プログラムでどもりからの解放を目指そう

MRM 吃音改善プログラム

吃音障害ときくと何かわからないと言う方もいると思いますが、どもるという言葉を聞いてあれの事かと感じる人が多いと思います。

 

どもる子は小学校にも一人位はいたと思います。私の小学校時代にも男の子で一人、どもる子がいました。
吃音障害にもそれぞれ程度がありますが、その男の子は緊張した際に吃音が出るようで国語の教科書の音読をみんなの前で発表する時などにでていました。日常生活で話す時にはなかったので、そこまで私は気にはしていなかったのですが、男子からはからかいの原因になっていました。

 

彼がどんな気持ちでいたのかは計り知れません。

 

吃音障害はもちろん本人が一番つらく、思った事をすぐに言葉にできないもどかしさや、吃音を理解して言葉を待ってくれる環境が整っていないという事、親としても子どもが疎外感を感じていく様を経験するので一緒に大変な思いをするので色々な方法で治す事を考えたりするでしょう。

 

薬を飲んで緩和する方法もあるようですが、ずっと呑み続けなくてはならないというと副作用やその他費用がかさむことが懸念されます。
子どもの段階で話し方の教室なんかもあるようですが、地域差があってすぐには通えなかったり数か月も予約が取れないという事が多いそうです。

 

トレーニングを始めたとしても、逆に言葉を意識するので吃音が激しくなってしまったという事もよく聞きます。
わらをもすがる気持ちでトレーニングを始めたのに余計に酷くなってしまうなんて、もう色々な事を諦めるようになってしまうのは仕方ないのかもしれません。

 

それがあるプログラムを試して、劇的に改善されたという事があるようなのです。
主宰の方が、もともと吃音障害に悩まれていて、自分でプログラムを開発されたようなのですが、沢山の受講生の方から吃音の改善の連絡が届いています。

 

もちろん完全には治る事がない障害だからこそ、少しでも自分に自信をつけて生活が楽しくなるようなそんなプログラムになっているようです。

 

自分の気持ちを理解してくれる人が、同じような障害を抱えて生きている人が改善されたプログラムなら体験してみる価値はありそうです。

 

私が吃音障害で悩む親だったら、子どもがいじめられたり、死にたいなんて口にださせる前にこのプログラムを経験させて、常に気持ちが前を向けるようにしてあげたいと考えています。

 

そういうもんなんだから仕方ないと言うより、常にこれでよかったと思えるようになるためにこのmrm吃音改善プログラムを是非活用してくださいね。

 

\効果がない場合は全額返金保証あり!/

 

mrm吃音改善プログラムの評価

mrm吃音改善プログラムは吃音の改善をすることが可能な教材型プログラムです。
この教材では、吃音は病気や精神からくる精神病のような病気ではなく、個人の個性であると考え、思考を変化させることによって吃音を改善しようという教材になります。

 

商品は テキストとビデオによる教材ですので第3者と顔を合わせることも無い上特殊な機材なども必要ないのがこちらの教材になります。

 

この教材は発音をまず第一と考えており、正しい発音をすることで発語を相手に聞き取りやすくすると言う物になります。

 

何故、発語を綺麗にする必要があるかについてですが、吃音となる方の多くは発生がうまくできておらず、意思疎通において問題があるからです。

 

意思疎通において、何らかの問題がある場合、意思疎通を行う相手、例えば取引先の方との意思疎通や、友人、病気を治療する医師などと円滑にコミュニケーションを取ることが出来なくなります。

 

これが吃音を悪化させる要因で、相手とのコミュニケーションをとることが出来ない場合、自分が何を言っても相手に伝わらないと脳が覚えこみます。

 

つまり、マインドが固定化するわけです。
一度マインドが固定化すると人間はそれが最善の手段であると学習します。

 

この場合においては、吃音によりコミュニケーションが兼轄に行えないのであれば黙っておこうと考えるのです。
もちろんこの考え方は、吃音を改善するどころか悪化させており、コミュニケーションを取ることを拒否しており、相手の方が不快に思うのは、何も言わないからです。

 

ですがこれは相手にとってみれば、相手の方にもよりますが好都合な人間であるという風にとらえるものもいます。

 

何も言わないということは了承したと勝手に解釈することも可能なのです。
その為、吃音を改善しないで放置をするということは、相手にとっていいようにされるということを意味します。

 

そこでこの、教材はあえて、発音に焦点を置いた上で、相手に意思さえ通ればそれでいいじゃないかと言う具合にマインドを変えることが出来るように構成しています。

 

つまり、言い方などは二の次にして要は相手に意思さえ通じてしまえば意思疎通が出来たとみなし吃音の原因となる黙ってしまうという問題を改善したとみなすわけです。

 

このmrm吃音改善プログラムは主に、吃音の方のマインドを変えることで、症状を改善するものです。
もし効果が認められない場合、返金保証プログラムに従い返金を受け付けていますので、リスクなく試してみることが可能です。

 

\効果がない場合は全額返金保証あり!/

 

mrm吃音改善プログラムの販売会社情報

mrm吃音改善プログラムの販売会社は、フロンティア株式会社です。

 

販売業者 フロンティア株式会社
運営統括責任者 深見誠
所在地 813-0012

福岡県福岡市東区香椎駅東3-13-7-503

電話番号 電話番号:092-201-7294

※お問い合わせはEメールでのみ受け付けとのこと。

メールアドレス info@kitsuon.jp

※ご質問の際は、@を半角の@に置き換えてご利用ください

 

mrm吃音改善プログラムの返金方法まとめ

以下の条件を満たされた方のみ、返金保証が適用されます。
※詳細は販売ページをご確認ください。

 

【返品条件】
条件@:ご購入後90日経過後、30日以内にご連絡があった場合
条件A:メール質問権を最低一度ご利用いただいている場合
条件B:各カリキュラムのビデオを専用フォームからご入手いただいている場合

 

【返品方法】
メールにて返金要請してください。
10日以内にご購入代金を指定の口座へお振込いたします。

↓車を一円でも高く売りたい人はこちら

carview