ハイオクを入れると燃焼効率が上がるは都市伝説?

ハイオクを入れると燃焼効率が上がるは都市伝説?

 

 

ハイオクを入れると燃焼効率が上がるは都市伝説?

 

 

ハイオクをレギュラー仕様車に入れることは
正直に言えば無駄の何者でもありません。

 

しかし、何らかのチューニングを施していて
ハイオクを入れるという場合はハイオクを入れることをおすすめします。

 

 

 

レギュラー仕様車にハイオクを入れても
燃焼効率は上がりませんし性能も上がりません。

 

なぜなら、ハイオクとはノッキングを避けるために
オクタン価が高いガソリンなので
燃焼効率を上げているわけではないからです。

 

 

PR

 

 

確かに、チューニングをしている車にとっては
ハイオクを入れると出力が向上しますし
高級車にもハイオクを入れると出力が向上します。

 

 

 

しかし、エンジンの調子が思わしくないエンジンで
しかもエンジンから打音がしている感じがするなら
ハイオクを入れて一度音が消えるかどうかを試すのも良いですね。

 

 

ハイオクを入れると燃焼効率が上がるは都市伝説?

 

 

理由としては、ノッキングを起こしている可能性もあるからです。

 

ノンターボ(NA)は絶対にノッキングをしないと
そういう都市伝説を信じている人も多いですが
全くそんなことはなく、ノッキングセンサーに異常があれば
たとえ、ノンターボ(NA)であってもノッキングを起こします。

 

 

 

ノッキングセンサーとは、エンジン内部で起こる
異常燃焼を検出するセンサーのことを言います。

 

エンジン内部の吸入バルブに付着しているデジポットと呼ばれる
炭化水素等による汚れが付きやすく、これがノッキングの原因になることもあるようです。

 

 

 

ノッキングの頻度が増えると点火タイミングが
自動で遅れるようになり、点火するタイミングが
本来の上死点よりも遅くなっていくほど圧縮比が低い状態で
燃焼しているのと変わらない状態になります。

 

このように、圧縮比が低い状態は
エンジンの出力が低下していきます。

 

 

ハイオクを入れると燃焼効率が上がるは都市伝説?

 

 

こういった状態のノンターボ(NA)の場合は
ハイオクを入れれば、ノッキングを回避することができるので
点火タイミングを早めることが可能になります。

 

 

このような、特別な理由がない限りは
ノンターボ(NA)にハイオクを入れても無駄だといえます。

 

 

PR

 

 

 

 


トップページ 目次 ガソリン代の節約するには 自動車のトラブル カー用品の取り付け方 自動車を快適にする方法