バズタイ(BuzzTai)AIライティングツールのゴールド会員だから語れる実際のところ

バズタイ(BuzzTai)AIライティングツールに興味のある方へ。
この記事ではバズタイの有料会員である私がバズタイを使用してみて感じたメリットやデメリットをありのままに記載しています。

 

バズタイに興味のある方に少しでも参考になる点があれば幸いです。

 

バズタイの公式サイトはこちら

 

 

そもそもAIライティングツールって何なの?

AIライティングは、テクノロジーやメディアの世界で急速に発展している分野です。
AIライティングとは、アルゴリズムを使って文章を生成することです。

 

AIライティングでは、人間が作成した文章を模倣した文章コンテンツを機械が作成することができます。
企業や組織で質の高いコンテンツを作成する際に、時間とコストを削減できるため、近年ますます人気が高まっています。

 

AIライティングの中核は、自然言語処理(NLP)アルゴリズムを使用して、ユーザーから提供された特定のパラメータに基づいてテキストを生成することです。

 

そのためには、アルゴリズムに大量のデータを与えて訓練し、人間と同じような文章を書く方法を学習させる必要があります。

 

そして、与えられたトピックやコンテンツのテキストを生成する際に、アルゴリズムはこれらのパラメータを考慮します。
つまり、ユーザーが自分で文章や段落を作成する必要はなく、どのような文章を出力したいかという情報を提供するだけで、機械がすべての作業を行うのです。

 

AIライティングのメリットは数多くあります。
時間とコストの削減だけでなく、機械がほとんどの作業を行うため、ヒューマンエラーの可能性が低く、複数のコンテンツの正確性を保証することができます。

 

さらに、AIライティングは学習用の大規模なデータセットに依存するため、人間だけでは正確に捉えることが難しい、あるいは不可能な言語パターンのニュアンスを把握することができます。

 

最終的にAIライティングは、企業や組織が高品質な文章を迅速に作成し、かつ複数のアウトプットの正確性を維持するための効率的な方法を提供します。

 

さらに、自然言語処理アルゴリズムに依存することで、生成されたテキストは、人間が与えられたトピックについて自然に書く方法に限りなく近いものになります。

 

と、ここまでAIライティングについて説明してきましたが、驚くなかれ上の記事はすべてAIライティングツールのバズタイによって生成されたものであり、著者は一文字も書いていません。
これがバズタイの実力です。

 

そして、バズタイは日本語に完全対応しており不自然な日本語が生成される心配もありません。
それでは、バスタイで「AIライティングの目的」についての記事を生成させてみましたので下の記事をご覧ください。

 

AIライティングの目的※バズタイ作

AIライティングは、近年注目されている技術です。
人工知能(AI)を使って、記事、物語、ブログ記事などの文章コンテンツを生成することです。
この技術は、私たちのコンテンツの作り方やコミュニケーションのあり方を大きく変える可能性を秘めています。

 

AIライティングの主な目的は、文章を作成する際の効率を高めることです。
ライティングのある側面を自動化することで、正確性を高めつつ、時間とリソースを節約することができます。

 

例えば、AIライティングシステムは、要約を自動生成したり、大量のテキストデータを解析して特定のトピックやキーワードを探したりするのに利用することができます。

 

さらに、AIライティングツールは、ライターが改善が必要な領域を特定したり、ライティングスタイルを改善する方法を提案したりするのにも利用できます。

 

AIライティングは、文章作成の効率化だけでなく、ストーリーテリングや商品・サービスの新しいアイデアの開発など、よりクリエイティブな用途にも活用することができます。

 

AIライティングは、自然言語処理(NLP)アルゴリズムの助けを借りて、テキスト内のパターンを認識し、そこから物語を展開することができるため、新しいアイデアを探している作家のインスピレーションとなる可能性があります。

 

さらに、AIライティングは、カスタマーサービスオートメーションやマーケティングオートメーションなどの分野でも応用が進んでおり、顧客からの問い合わせに迅速かつ正確に対応したり、オンライン行動パターンに基づいて潜在的なターゲット顧客を特定したりするための効率的なソリューションを提供しています。

 

AI Writingは、単に文章を効率的に作成するだけでなく、顧客の行動に関する貴重な洞察を提供し、企業が顧客のニーズに応じて製品やサービスをより良く調整するために活用することができます。

 

今後、この技術はさらに進化し、世界中の人々の心に響くコンテンツ作りの可能性を広げていくことでしょう。

 

 

いかがでしょうか?

 

上の記事もバスタイによってワンクリックで作成された文章です。
まるで人間が書いたかのような自然な文章が簡単に生成されます。
これがバスタイの実力です。

 

バズタイ君はまだ語りたいことがあるそうですので、もう少しだけお付き合いください。

 

AIライティングがもたらす効率性の向上

人工知能(AI)ライティングの活用は、さまざまな業界で効率化に役立っています。
AIライティング技術は、コンテンツの作成プロセスを自動化・合理化することができ、チームはより少ない労力でより多くの作品を生み出すことができます。

 

これにより、企業はより効率的で生産的になると同時に、時間とコストを削減することができるようになりました。

 

AIライティングにより、企業はこれまで以上に迅速にコンテンツを作成できるようになりました。
AI駆動型アルゴリズムを使用することで、企業は、人間のライターが手作業で行うよりもわずかな時間で、質の高いライティングコンテンツを生成することができます。

 

つまり、企業は大量のテキストベースのアウトプットを迅速かつ正確に作成することに悩まされることなく、他のタスクにリソースを集中させることができるのです。

 

さらに、AIライティングは、スペルチェック、文法修正、書式設定など、顧客エンゲージメントやブランドアイデンティティに重要なプロフェッショナルライティングの側面において、より高い精度を実現することが可能です。

 

また、AIライティングは、制作時間の短縮による生産性の向上だけでなく、人間が制作する作品の品質向上にも役立ちます。

 

例えば、AIを活用したソフトウェアでは、人間が見落としたり、経験やスキルの不足で完全に見逃してしまうような言葉の使い方のパターンを、ライターが特定することができます。

 

このように精度を高めることで、創造性やオリジナリティを犠牲にすることなく、すべてのコンテンツが業界標準に適合することを保証することができます。

 

さらに、自然言語処理などのAI技術により、顧客とブランドとの会話をよりパーソナライズすることができ、顧客満足度をさらに向上させることが可能です。

 

最後に、AI技術はスケーラビリティ(拡張性)にも優れており、従来の手法では実現できなかったメリットがあります。
このような自動化により、より少ない人員でより大きなワークロードを処理しながら、高い品質を維持することが可能になります。

 

さらに、この拡張性によって、企業はこれまで手作業だけで達成できた範囲を超えることができるようになります。

 

AIライティングによる効率化は、競争の激しい市場において、ますます重要性を増しています。

 

AIライティングは、生産性と品質を同時に向上させ、コストを削減する具体的な方法として、あらゆる産業で成功を収めています。

 

このような利点がある以上、企業がこの革新的なアプローチを活用する必要があることは明らかです。

 

だそうです。

 

実はバズタイによって生成された文章は六段落目までまだまだ続くのですが、全部入力すると長くなってしまうので、
次からは実際にバズタイを使用して感じたメリットやデメリットについて「人間である私」が語ってみたいと思います。

 

バズタイ(AIライティングツール)を実際に使ってみた率直な感想

最近ではAIライティングツールというのは数多くリリースされています。
ですが、それらは主に英語圏のツールでありその中には日本語対応と謳っているものもありますが、
日本人である私たちからするといまいち使い勝手が悪いというのが実情です。

 

私もバズタイを使う前に英語圏のツールにいくつか手を出してみましたが、
日本語対応と謳っているものであっても、生成される日本語の記事は翻訳ツールで無理やり訳したかのような不自然な日本語の記事であったり、正直出来はよくなく実用性は低いと感じていました。

 

日本語に完全対応されたAIライティングツールはないかなと探していたところ、グーグルアドワーズに気になる広告があったので思わずクリックしてみました。

 

それが、「バズタイ」です。

 

なんでもバズタイは2022年の11月にリリースされたばかりで私が実際にこの広告を目にしたのは2022年12月の初めです。

 

リリースされて本当に間もない頃に偶然バズタイを見つけました。

 

やはり魅力はなんといっても日本語に完全対応しているとのこと。
運営者もアメリカ在住の日本人です。

 

バズタイを発見して最初に感じたことは、外国製の今までのツールとは違って日本語に完全対応しているので痒い所に手が届きそうなツールだということ、
運営者も日本人ということでサポート面でも安心できそうだということです、

 

とはいえ、この手のツールは実際に使ってみなければわかりません。
幸いクレジットカードの登録なしで無料お試しすることができたので、すぐにアカウント登録をして使ってみることにしました。

 

それからすぐに管理画面にログインしてみたところ、さすが日本人が日本人に向けて作ったツールだけあって今までの外国製のツールと違って、とっつきにくさがありません。

 

管理画面は当然すべて日本語表記ですし、使い方のマニュアルを見るまでもなくわかりやすいUIですぐに記事の生成までたどり着けました。

 

あっという間に完成された完成度の高い記事を見て思わず感動してしまいました。
面白くなって何記事もバズタイを使って記事を生成させているとあっという間に無料で使えるクレジット分を使い切ってしまいました。

 

バズタイによって生成された記事やバズタイの管理画面を眺めていると様々なアイデアや活用法が浮かんできたので、バズタイを発見したその日のうちに無制限で記事を生成できるゴールド会員の申し込みをしました。

 

バズタイには三種類のプランがあり、一番上位のプランがゴールドプランです。
他には30クレジット3620円のレギュラープラン、60クレジット5900円のシルバープランがありますが、それだとあっという間にクレジットを使い切ってしまいそうなので、無制限で記事を生成できる月額8630円のゴールドプランを申し込みました。

 

私のようにバズタイを使い倒してやろうと思っている方は最初から無制限で記事を生成できるゴールドプランがおすすめです。
これならクレジットを気にすることなく毎月何百記事でも何千記事でも好きなだけ質の高いオリジナル記事を生成できます。
どれだけ記事を多く作成しても定額料金ですので、毎月多くの記事を作成したい方にとってはゴールドプランが最もコスパがよいです。

 

バズタイの公式サイトはこちら

 

バズタイのゴールド会員になって感じたメリット

バズタイのゴールド会員になってからしばらく経ちましたが、毎日のようにバズタイを使って様々な記事を生成しています。
キーワードを入れてワンクリックするだけで質の高い一記事数千文字の記事がわずか10秒〜20秒たらずで作成される様子を見るのは今でも感動しますし、同時に恐ろしさも感じます。

 

バズタイを使う最大のメリットは人の力に頼ることなく、AIによってワンクリックで質の高い記事が生成される点です。
これにより記事作成の労力が大幅に削減できますし、ライターを雇っている人であればそのコストを大幅に削減することができます。

 

バズタイのデメリットや残念だと感じた点

ここまでバズタイのいい点ばかりを挙げてきましたが、バズタイを使ってみていまいちだなと感じた点やデメリットも当然あります。

 

まず、いまいちだなと感じた点ですが、入力するキーワードによってはまったくとんちんかんな記事が生成されてしまったり、
こちらが意図した記事が作成されない点が挙げられます。

 

バズタイは日本語に完全対応しているツールですが、元となる記事データは英語の記事を学習・参考にしていると見られ日本独自のトピックにはやや弱いなという印象です。

 

例えば、ハリウッドスターについての記事はとても詳しく書けますが日本の芸能人についての記事は間違った情報が入っていたり不自然な内容になってしまうということです。

 

普遍的なテーマの記事であれば問題ありませんが、日本独自のトピックの記事の完成度は正直なところいま一つです。

 

ですが、バズタイは定期的にバージョンアップやアップデートをしてくれますので今後に期待です。

 

バズタイはこんな人におすすめです。

・グーグルアドセンスを実践しているアフィリエイター。
・ライターを雇う余裕がない人や人間のライターとのやりとりが面倒だと感じている方。
・コラム記事などを任されている企業担当者の方。

 

特にアフィリエイターであれば活用のアイデアはすぐに浮かんでくるはずです。
サテライト用の記事を書かせるもよし、メインサイトの集客向けの記事を書かせるもよし、中古ドメインのテストに使うもよしとアイデア次第で活用法はいくらでも見つかります、
また特定のテーマの記事を量産してアドセンスサイトに仕立てるというアイデアもありますね。(実は私が今やっています。)

 

バズタイはこんな人にはおすすめできません。

・機械に文章を作成させるなんて邪道だと思っている人。
・文章を自分で書くことに何より喜びや情熱を感じる人。
・活用方法が思い浮かばない人。

 

いくらバズタイが優れたツールであってもただ記事を生み出すだけでは何も効果は現れません。
問題はその記事をどう活用できるのかです。
残念ながらそのアイデアが浮かばない人にとっては宝の持ち腐れとなるでしょう。

 

ですが、ここまで読んで様々なアイデアや活用方法が浮かんできた人にとっては、バズタイはとても頼りになる「相棒」となってくれるはずです。

 

最後に

ここまで実際にバズタイを使って感じたことなどをありのままに書いてきました。

 

文章をまともに書くのは数年ぶりなので下手くそな記事となってしまい恐縮ですが、
バズタイに興味のある方に少しでも役に立てる点があるのであれば幸いです。

 

 

トップへ戻る