ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

 

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

 

 

ミライースにタコメーターを取り付ける理由は
本当に人それぞれですよね。

 

 

僕の場合は、燃費をよくする運転をするために
タコメーターを買いました。

 

PR

 

 

中にはエンジン音で分かるという方もいますが
やっぱり、エンジン回転数を明確に理解したほうが
誰でも確実にエコロジーな運転ができるというものです。

 

 

今回は「オートゲージPK52」を買ったので
レビューしていきます。

 

 

オートゲージPK52のセット内容

 

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

メーター本体

 

電源ケーブル

 

共有ケーブル

 

回転信号に取り付ける配線(白)

 

メーター本体を支える土台

 

メーターカバー&固定ネジ×1

 

メーターフード(ショップのオマケかも)

 

 

オートゲージメーターを取り付ける時の注意点

 

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

 

オートゲージのメーターと言うのは
電源ケーブルは短いのでメーターの置き場所を工夫しないと
大抵の車はカーステレオまで配線が届きません。

 

 

おそらく、オートゲージのどのメーターを買っても
同じことがいえるかもしれませんね。

 

 

 

 

なので、長さ「5m」の配線と「E488配線コネクター」を
僕はあらかじめ用意しておきました。

 

 

さらに、オートゲージの配線はとても細いので
断線には注意が必要です。

 

 

実際にオートゲージPK52を取り付けてみた

 

 

今回は、ミライースLA300Sを例にして
取り付けを説明していきます。

 

 

まず、カーステレオの周囲に取り付けられているパネルを
内張りはがしで取り外していきます。

 

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

 

 

パネル自体は、隙間を作り内張りはがしで
こじっていくようにすれば取り外せます。

 

 

隙間が大きくなれば後は手で外せますよ。

 

 

 

 

また、ミライースLA300Sのパネルの場合は
「ハザードランプスイッチ」のカプラーが付いているので取り外します。

 

 

パネルを外せば次は
カーステレオを取り外す作業に移ります。

 

 

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

 

 

カーステレオは「4つのネジ」で固定されているので
少し長めのプラスドライバーで取り外しましょう。

 

 

カーステレオに取り付けられているカプラーと
アンテナ線も外して完全にカーステレオを外してしまいます。

 

 

 

 

カーステレオを外しカプラーも外すと
結構作業がやりやすくなりますね。

 

 

次に、いよいよ配線を取り付けていきます。

 

 

 

 

 

僕の場合は、5mの配線を別にオートバックスで
買っているので、その配線で延長させ取り付けることにします。

 

 

配線は裏から回しカーステレオが付いていた穴に通し
結線をしていきます。

 

 

 

 

結線には「E488配線コネクター」を使っていきます。

 

 

本当は半田付けが良いのかもしれませんが
今回は「E488配線コネクター」で簡単に取り付けます。

 

 

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

 

 

ちなみにLA300Sミライースの配線は

 

茶色→ACC電源

 

水色→バッテリー電源(常時電源)

 

緑色→イルミ電源

 

以上の配線を1本1本取り付けていきました。

 

 

 

 

一気に取り付けて本体の電源ケーブルに
取り付けるという方法もありますが
それでは、どれがどの配線か分からなくなります。

 

 

なので、一つ一つ丁寧に作業をしていきました。

 

 

 

 

 

 

次に、最終段階に近い作業ですが
ミライースの「回転信号線」に結線する作業をします。

 

 

メーター側にある最後の「白の配線」を
ミライースの回転信号線に取り付けます。

 

 

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

 

 

この場合は簡単に回転信号線を見つけるために
「OBD2」から電源を取り出すことにします。

 

 

OBD2の端子側を真正面から見て
カプラーの狭くなっている側の一番左に
ミライースの回転信号線があります。

 

 

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

 

 

ミライースLA300Sの場合は「赤い配線」に結線をしています。

 

 

 

 

 

取り付けは成功しましたが
後は配線をケーブルクリップで固定していきました。

 

 

足元はインシュロックで束ねて固定しています。

 

 

 

 

オートゲージPK52を実際に使った感想

 

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

 

 

オートゲージPK52を実際に取り付けましたが
メーターの電源が入ると最初に「ピーーーッ!」って音が鳴ります。

 

 

かなり高い音なので最初はびっくりするかもしれません。

 

 

 

 

ですが、「PK52」ではメーターのボタンを押しながら
エンジンを始動させると音量が下がりました。

 

 

 

ミライースにタコメーターを取り付ける方法と注意点

 

ステップとしては以下の通りです。

 

1.エンジンを停止したままメーターのボタンを押す

 

2.メーターのボタンを押しながらエンジンを始動

 

3.メーターの針が2回大きく振れると設定完了

 

以上の3ステップでエンジン始動時の
メーターの音は下がります。

 

ただ、設定をした最初はブービー音がなりますが
2回目からは音量が下がります。

 

 

 

針の動きはアクセルの動きに素早く反応している感じがします。

 

 

 

 

さらに、メーター自体は見にくいという感じもありませんし
逆にメーターがあるだけでスポーティなコクピットだと感じがしますね。

 

 

ミライースの場合はメーターはデジタルなので
回転計のほうもデジタルにしたかったのです。

 

 

 

 

だけど、予算の都合によりアナログのメーターにしました。

 

 

運転席周辺のドレスアップにも良いし
燃費向上のために取り付けるというのも良い一品だと感じます。

 

 

 

 

さらに、オートゲージPK52はピーク時の設定をすることで
設定した回転数を超えるとワーニングランプが点灯し「ブービー音」が鳴ります。

 

 

ブービー音が鳴るように一定の回転数にして
燃費を意識した走行ができそうな感じです。

 

 

PR

 

関連ページ

ライフ(JB5)にカーフィルムを貼ってみた【3つの失敗】
ライフ(JB5)にカーフィルムを自分で貼ってみました。カーフィルムを自分で貼るのは何度かあるんですがいつになっても上手に貼ることが出来ないものですね。1500円程度のリアゲートの窓ガラスに貼り付けるフィルムを今回は貼り付けてみようと思います。
カーステレオを取り付けられない場合の対処法
カーステレオを何らかの理由で車から取り外し次の車に取り付けようとしても取り付けが難しく取り付けられないって人がいるかもしれません。
車のカーフィルムは貼り方が難しい
僕の愛車である「ライフ」の後部座席の両サイドにある窓ガラスにカーフィルムを貼りました。車のカーフィルムって春のが結構難しいですよねぇ。
ライフJB5にシートカバーを取り付けた感想【辛い作業】
ライフJB5のシートがとても汚いので今回シートカバーを購入しました。ものすごく大きな箱に入っていて結構驚きました。中身といえば・・・・シートカバー・アームレストなどの外し方マニュアル以上のものが入ってました。
レーダー探知機は取り付けは難しい!【奥が深い取り付けとは】
ワイパーゴムが取り付けられない人間が自分で取り付けると言ってカーステレオを持ち帰ることになぜか、驚く女性店員さんですが・・・
コムテックzero94vsの液晶を汚さないようにする方法
コムテックzero94vsの液晶を汚さないようにする方法を解説します。
OBD2-R2をセットしてzero94vsをライフJB5に取り付けた感想
zero94vsを購入しましたが同時にOBD2-R2もセットで購入したので一緒に取り付けていきました。まあ、確かに取り付け自体はかなり簡単で5分程度で取り付け完了です。実際に取り付けたレーダー探知機の「zero94vs」は運転席左側に取り付けました。
ホンダ ライフ「jb5」アコンフィルターの交換方法
ライフJB5の年式だとオートエアコンとマニュアルエアコンとではフィルターの有無が違うようです。例えば、僕が乗っているライフはマニュアルエアコンなのでエアコンフィルターがないんですよね。
H15式ミラのクリスタルサイドマーカーの取付方法
H15年式のミラにクリスタルサイドマーカーを取り付けてみました。ちょっとしたドレスアップになりなかなか、かっこ良く感じます。
L250Sミラ適合LEDバックランプT20の感想【あっけなく作業が完了】
L250Sミラに適合するLEDのバックランプを購入しました。ネットではかなり安いLEDもありましたがすぐに取り付けをしたかったので今回はオートバックスで購入をしました。L250Sミラに適合するバックランプは「T20シングル」です。
ミライースのキーレス連動ドアミラー取り付け方法
以前乗っていた「ミラL250S)」に取り付けていた「キーレス連動ドアミラー自動格納装置」を現在所有しているミライース(L300S)に取り付けをしました。
ミライースにド迫力のマフラーカッターを付けるとこうなる!
ミライースにド迫力のマフラーカッターを付けると社外品マフラーを付けているように見えて良いですね。でも、マフラーカッターというのは誰も欲しいと思っていないようにも思える部品ですがオートバックスなどの大手カー用品店に行くと色んなマフラーカッターがあり驚いています。
ミライースにスロコンを取り付けたレビュー【取り付け時間は10分】
ミライースに取り付けができる「pivot」の「スロットルコントローラー」を購入しました。スロットルコントローラーとは「スロコン」とも呼ばれています。
ミライースのバックランプ交換【LEDに交換した結果】
ミライースのバックランプをLED化にしてみようと思い楽天でバックランプを購入しました。今回購入したのは「T16・T10対応」というLEDです。とはいえ、取り付けられるならどちらでも良いみたいなノリなんですけどね。
ミライース(LA300S)にウィンカーLEDを取り付けた感想
ミライース(LA300S)の前後にあるウィンカーのランプをLEDに交換をしました。ハイフラ防止抵抗器を取り付けたのにハイフラが起きて本当に困りましたよ。
リアウィンカーをLEDに交換レビュー【交換前と比較してみました】
リアウィンカーをLEDに交換しました。リアウィンカーをLEDに交換したときに使った工具は以下の通りです。
ARJスロットルスペーサーを取り付けた感想【燃費のほうは・・・】
ARJスロットルスペーサーを購入しました。どうして、こんな怪しいものを買ったのかといえば本当に効果があるならミライースのモッサリした発進を何とか改善出来たらなぁという思いで買いました。
siecle minicon(ミニコン)をミライースに取り付る方法
「siecle minicon(ミニコン)」をミライース(LA300S)に取り付けてみました。siecle minicon(ミニコン)のセット内容は以下の通りです。
シエクルのミニコンアルファをミライースに取り付けた感想
シエクルのMINICONαを実際に購入し取り付けてみました。取り付けたのは「ミライース(LA300s)です。
ミライース(LA300S)クロムメッキシフトパネルカバーの感想
ミライースのシフトパネルに合うクロムメッキシフトパネルカバーを購入しました。その取り付けや取り付け後の感想を書いていきます。
DRY-SV50cをミライースの後方も撮影できるようにした感想
DRY-SV50cを後方も撮影できるようにミラー巣に取り付けました。その方法を紹介しています。
ミライースにフェンダーマッドガードを取り付けてみた感想
ミライースにフェンダーマッドガードを取り付けました。しかし、「このフェンダーマッドガードは違法改造になるのでは?」と思っている人にも、その誤解を解いていきます。
ミライースにエッセのダイレクト・パワーハーネスキットは付く?
KF-VEエンジンに取り付けられるダイレクトパワーハーネスキットを購入しました。今回は、ダイハツのエッセという車に取り付けができる製品をミライースに取り付けてみた結果を紹介していきます。
高級感を出すならメッキサイドマーカーリングが最適!
実際に、ミライース用のメッキサイドマーカーリングを取り付けた感想などを書いていきます。

トップページ 目次 ガソリン代の節約するには 自動車のトラブル カー用品の取り付け方 自動車を快適にする方法